戸籍は時代と共に変わっていきます

旧民法は現行の民法とは異なり、「家」制度を重視していました。そのため、家は戸主と家族からなり、戸主は家督相続によって順次継承され、子々孫々まで引き継がれていくものとされていました。

被相続人が生まれてから死亡するまでの戸籍をすべて取り寄せると、ずいぶん昔の戸籍には、一つの戸籍に本人の嫁とか、孫という欄がある戸籍、つまり3世代以上の記載のある戸籍があります。一方、最近の戸籍には、本人と妻と子供だけ、つまり
“戸籍は時代と共に変わっていきます”の詳細は »

ちょっとプチ旅行

小田原の先は、急に旅行気分にさせるのどかな風景が広がっていました

菩提寺に用があり、久しぶりに東海道線の下りに乗り込みました。
小田原の少し前の駅で降りることにはなっていたのですが、時間もあったため、
その駅の先までプチ旅行みたいにしてみようと思い足を延ばすことにしました。


“ちょっとプチ旅行”の詳細は »

小規模宅地の特例について

特典を受ける人は納税の必要がなくても申告をしなければなりません

事業用宅地 ・・・・・・・・

相続によって「事業に使用されていた宅地」を取得した場合、
下記の条件を満たせば、400平方メートルまで80%を減額することができます。

ただし、申告期限まで宅地を保有していないときは、

200平方メートルまで50%を減額することになります。
“小規模宅地の特例について”の詳細は »

理解しておくと安心な相続と遺言信託の仕組み

被相続人が亡くなった時には、家庭裁判所の検印の必要もなく遺言に基づき遺産を配分することができます。

遺言の作成に関するコンサルティング作成した遺言書を保管遺言の執行信託銀行はこれらの相続代行業務をサービス料金に従って行っています。

これが信託銀行の遺言信託サービスです。
“理解しておくと安心な相続と遺言信託の仕組み”の詳細は »

あまり知られていない相続で困るのは自筆証書遺言だということ

本封印のない相続遺言でも「検認」が必要です。自筆遺言書が正式なものであるか、が検証されます。

自筆証書遺言とは、遺言者が、
(1)遺言書の全文、日付、氏名を手書し(2)これに押印すること
によって作成される遺言です。
“あまり知られていない相続で困るのは自筆証書遺言だということ”の詳細は »

知っておくと便利な相続と遺言の撤回の復活のこと

検認とは、偽造や変造を防止するため遺言書の形式や内容を相続人に対して遺言の存在や内容の状態、日付、署名などを明確にする手続きのことです。

遺言の撤回があれば最初から遺言がなかったとされますが遺言の撤回をした後に、たとえば民法では遺言の撤回の撤回があった場合は、最初の遺言の効力は回復せず、例外として元の遺言撤回が詐欺や強迫による場合にはその取り消しなどが最初の効力として認められることもあるとしています。


“知っておくと便利な相続と遺言の撤回の復活のこと”の詳細は »